お知らせ

  • 2022/05/09

    「2022年度奨学生の選考が実施されます」(2022.5.9)

    2022年度の当財団奨学事業として、4月15日に募集を締め切った奨学生選考がおこなわれます。5月12-13日両日に個別面接を実施した上で、5月20日(金)に選考委員会を開催、6月3日開催の理事会での承認により正式決定となります。尚、奨学金給付は6月中旬以降に実施となります。

  • 2022/04/15

    「2022年度奨学生募集を締め切りました」(2022.4.15)

    2022年度の奨学生募集を締め切りました。

  • 2022/03/07

    「2022年3月度奨学生卒業」(2022.3.1)

    当財団の奨学生29名が、本年3月末を以て当財団奨学生を卒業いたします。修士課程2年卒業の4名は博士課程に進学し学究の徒として、学部4年生を含む25名は企業等に就職し社会人として巣立つこととなります。卒業生の皆様の人生に幸多かれと、また社会に貢献される活躍をされますよう祈念いたします。

  • 2022/02/21

    「2022年度奨学生募集のお知らせ」(2022.2.21)

    2022年4月から2023年3月までの当財団奨学生の募集を開始いたします。募集は全国指定大学12校の定員50名となります。応募希望者は財団HP掲載の募集要項に従い応募をお願い致します。

  • 2021/06/30

    「2021年度4~6月奨学金支給を実施しました」 (2021.6.21~25)

    2021年度新規・継続奨学生が正式に決定したことを受けて、本年度1回目の奨学金支給を実施しました。 原則、各地担当者より各奨学生の皆さんに手渡しで支給することとしておりますが、昨今のコロナ感染状況を勘案して、一部の方には口座振込にて対応致しました。 来月(7月)以降は、基本は対面での支給を原則といたしますが、状況に応じて口座振込を実施する場合があります。 本奨学金を有意義に活用い...

  • 2021/06/07

    「2021年度の奨学生50名が決定しました」(2021.06.04)

    6月4日(金)開催の2021年度第1回理事会において、2021年度の新規奨学生20名及び継続奨学生30名の採用が承認されました。 採用された奨学生本人及び大学関係部門には、近日中に書面により採用通知をお送りします。 最初の奨学金支給(4~6月分)は、各地区6月中旬頃となりますが、コロナ感染状況により振込み支給となる場合があります。。 奨学生になられた皆さんにはお祝いを申し上げると同時に...

  • 2021/05/31

    「2021年度 奨学生選考委員会が開催されました」(2021.05.24)

    5月24日(月)2021年度奨学生採用の選考委員会がWEB会議で開催され、新規生20名、継続生30名の選考審査が実施されました。本審査結果は、6/4開催の理事会において上程され、議案審議の上2021年度の奨学生採用が最終決定されます。 結果については、6/10(木)までに書面で奨学生及び大学関係者に通知いたします。

  • 2021/04/16

    2021年度新規及び継続奨学生の募集は終了いたしました。(2021.4.15)

    2021年度の新規及び継続奨学生の募集は4月15日(木)をもって終了しました。 本年度も事業計画に基づき12の指定大学から20名の新規奨学生と30名の継続奨学生の50名について書類審査の上採用いたします。 選考結果は6月4日開催の第1回理事会で決定され、申請者には6月8日頃にご連絡いたします。

  • 2021/03/09

    奨学生選考委員異動のお知らせ

    2021年3月9日(火)にWEB会議による第5回理事会が開催され、下記の通り、選考委員の異動について承認されましたのでお知らせいたします。 【退任】  和田 雄二 特任教授 東京工業大学 科学技術創成研究院  【新任】  山中 一郎 教授     東京工業大学 物質理工学院 応用化学系、副学院長(研究・人事担当)アドミッション部門長              

  • 2021/02/19

    2020年度奨学生送別会は中止します。(2021.2.19)

    2021年3月5日(金)に開催を予定しておりました奨学生送別会は中止いたします。2021年3月には大学を卒業する予定の奨学生が20名おりますが、これから社会人となる或いは進級を控えている卒業生の安全を考慮し誠に残念ではありますが中止することにいたします。 日本でもワクチンの接種が始まりますが、一方で新種のコロナウイルスが発見されるなど安心と不安が渦巻く1年となりそうです。皆さんは不安に陥りすぎる...